シングルファザーの悩み|支援や手当、子連れ再婚の条件を紹介!

シングルファザーになる原因や理由とは?

シングルファザーになる方は、それなりの原因と理由があるものです。それでは、なぜシングルファザーになるのか、さまざま原因を見ていきましょう。
●離婚の理由と親権
離婚の理由は夫婦の数だけあるものですが、大きく分けてしまえば、浮気やDV、借金などがあり、それ以外は性格の不一致というあいまいな理由です。
シングルファザーになったということは、親権を持っているということですが、一般的にそれは難しいことなのです。
現在は、母親側に浮気やDV、借金といった原因があったとしても、母親が望む場合は母親が親権を持つことが多いのです。
また、父親は親権を望まないケースも多いです。そのため、シングルファザーよりもシングルマザーが多くなっているのです。
●生活力の問題
離婚によって生じる最も現実的な問題として、生活力の問題があります。
母親側が明らかに生活力に問題がある場合は、父親側に親権が認められることもあるようです。
また、夫婦の話し合いによって、生活力を理由として父親が子どもを引き取るということもあるでしょう。
●母親の問題
世の中には、子供を愛せないという母親が一定数存在します。悲しいことですが、それ自体を否定してはいけません。
子供のために父親が引き取るのですから、子供にとっては良い選択でしょう。

 

 

シングルファザーの育児と仕事の悩みとは?

なにかしらの理由で、離婚することになり子供を引き取り育てることになったシングルファザーは、近年増えてきています。
子供を引きとり育てることはとても大変なことです。ましてや、シングルファザーの場合はなおさらでしょう。
慣れない育児と仕事を両立させるのは容易ではありません。悩みや心配ごとは後をたたないかもしれません。
1番の悩みといえば、料理を作ることではないでしょうか。
家事や料理が得意な男性ならともかくとして、仕事をしながら子供に毎日の食事を作り、家事をこなすのはシングルマザーよりも大変なことかもしれません。
育児の面での悩みといえば、子供にどう接して良いのかわからないことでしょう。
小さい子供の場合は、風邪をひいて熱が出てしまった時などはとても大変でしょう。
熱がでた子供への対処もままならず、仕事にも穴をあけることが出来ない状態になり悩んでしまうことでしょう。
残業などが入ってしまった場合は、子供を長い間1人で待たせてしまうことにもなりかねません。
シングルファザーの方は、一人で育児をこなそうなどと考えずに、周りに頼れる方がいるのなら助けを求め、手伝ってもらいましょう。
それが、自分のためだけではなくお子さんのためにもなることでしょう。

 

 

シングルファザーの子育て支援と手当は?

昨今は3組に1組が離婚すると言われており、それに伴ってシングルファザーの数も増えてきました。
現在、圧倒的に母子家庭の方が多いとはいえ、父子家庭世帯も10万近い数字となっています。
シングルファザーで子育てするのは想像以上に大変そうですが、支援はどうなっているのでしょうか。
シングルファザーの家計を助ける支援で重要なものは児童扶養手当です。
これは父母が離婚するなどして、一方の親からしか養育を受けられない「ひとり親家庭の児童」のために、地方自治体から支給される手当です。
実はこの支援は、男性だから経済的に女性に比べて有利だろうということで、2010年7月までは父子家庭は受給することができませんでした。
実際の子育ての大変さは男性も女性も変わりませんし、シングルファザ−で生活に困窮している家庭があるのは事実なのにもかかわらずです。
他には児童を扶養している方に支給される児童育成手当があり、こちらの所得制限は児童扶養手当より高く設定されています。
それから児童手当がありますが、こちらは中学3年生までとなっています。
これらの支援を受けるには役所まで出向いて手続きをしなければなりませんが、少しでも子育てに役立てるよう利用すべきでしょう。

 

 

子連れ再婚できる条件

シングルファザーの子連れ再婚は、シングルマザーのそれよりも条件が非常に厳しくなります。
一番大きな理由は、新たな母親となる女性側の問題です。
なぜかというと、自分が産んだ子供を育てるのが一般的な親子関係という認識のためです。
シングルファザーとの結婚では、連れ子は自分の産んだ子供ではないために、それを受け入れられずに悩む女性が多いです。
そのため、シングルファザーとの結婚というのは難しいのです。
視点を変えると、男性側からはメリットが多いです。子供にとっては母親が居たほうがいいですし、特に仕事面でのメリットが大きいです。
子供がいると、どうしても仕事に制約が出てきてしまいます。子供の急な発熱で休まなければならなかったりと負担は大きいです。
それを分担できるだけで負担が全く違います。また、社会的な信用を得るには再婚が有利ということは否定できません。
こういったことから、男性側は比較的積極的に再婚を求めるようです。
なかには、子連れという条件を気にして遠慮気味に構える男性もいますが、相手の女性の理解が得られれば、子連れという条件もマイナスにはなりません。
一人で育てる決意でシングルファザーを選ばれたのでしょうが、再婚という選択肢も悪いものではないかもしれません。

 

 

シングルファザーで経済的に苦しくなったらどうする?

シングルファザーになることで、経済的に苦しい状況になる人もいます。
その時になんとか仕事を一生懸命取り組むことで経済状況を回復することができればいいのですが、そうならずにお金を借りるという方向に行ってしまうと、後で大変になるかもしれません。
借金が一度きりで終わらなくて、何度も何度も借金をしてしまうと、気がつけば借金苦になっていたりすることもあります。
そうなってしまったら、借金苦から抜け出すためのやり方などを説明しているページなどをみることをオススメします。
まずは情報収集が大切です。